「Prisma」はスマートフォンの写真加工アプリケーションで、
人工知能を使って写真を加工できるものです。

ニュートラルネットワークと人工知能を組合わせることで、
ゴッホ、ピカソ、レヴィタンといった有名画家のスタイルや、
世界的に有名な装飾・パターンをあたかも自分が撮影、加工したかのように
適応させるというものです。

明るさや、コントラスト、ホワイトバランスなども人工知能が調整してくれます。

「Prisma」は、写真加工に特化したアプリケーションだけではなく、
独自のカメラ機能も持っていて複雑な機能ではなく、
インスタグラムのカメラと同じように、4対3のサイズの写真が撮れるだけです。

カッコいいフィルターが揃っていますが、加工時間には少し時間がかかるようです。
これは、Prismaのサーバーに画像が一旦送られて、処理しているからだと思われます。
レビューを見ると、「写真は一旦サーバーに送られて加工され、端末に戻されます。

規約を見ると、運営者もこの画像を使用することもあります」となっていますから、
顔など、直接プライバシーに関わるものの写真に関しては、控えたほうが良いかもしれません。

しかしながら、加工された写真を見てみるとかっこいい物ばかりです。

あたかも自分が芸術家になったような錯覚に陥ります。

これらの写真加工物があったら過去の芸術家などは、
どんなインスピレーションや、発想をするのだろうかと考えてしまいますね。

あなたも画像加工を人工頭脳に任せてみませんか?

おすすめの記事